インプラント

インプラントとは

インプラントのメリット

インプラントは入れ歯やブリッジに代わる第三の歯です。

抜けてしまった歯の代わりに、骨に金属(チタン)の根の部分を埋めこみ歯を被せる処置です。入れ歯のような異物感がなく、ブリッジのように両隣の歯に負担をかけません。また審美的にも機能的にも優れ、自分の歯のように使えます。

インプラントは骨に直接埋めこんで、骨とインプラント体をくっつけなければいけません。当院で使用しているインプラント体は、金属の表面にハイドロキシアパタイト(骨と同じ成分)をコーティングすることによって、骨とのつきを良くしています。そのため、通常より骨が少ない場合でも処置が可能になりました。

インプラントのデメリット

生体には体の防御反応として、異物排除機構というものがあります。これは体に入り込んだ異物を体外に出そうとするものです。
インプラント体は生体から見れば異物に近い存在ですので、お口の中を不潔にしたりすると、炎症が起きて寿命が短くなります。

歯が無くなるにはさまざまな原因があります。
これらの原因を除去してからでないと、インプラントを入れること自体が無意味になってしまいます。

ページトップへ戻る

インプラント治療の流れ

1.初診時

お口の中の状態を確認します。骨の状態、歯周病の有無、虫歯の有無、噛み合わせの状態など、何故、歯が抜けてしまったか原因を考えます。(これらの原因を改善する事により、埋めたインプラントを長持ちさせます。)

2.初診以降(初期治療)

まず歯が抜けてしまった原因を改善する治療をします。

  • 歯周病の治療・・・歯石取りとブラッシング治療
  • 虫歯の治療・・・虫歯を削って詰め物をしたり被せたりします
  • 噛み合わせの改善・・・顎を横に動かした時に、奥歯に強く当たらないようにします

3.初期治療後

レントゲン写真等を参考にして、インプラント体の長さや太さを決めていきます。歯のないところに麻酔をして、歯肉を開き、骨の中にインプラント体を埋めます。骨と結合させるため、インプラント体を埋めた状態で2ヶ月ほど安静にします。この間インプラント体に噛む力等の外的な力を加えてしまうと骨と結合しないため、仮歯や仮の入れ歯を製作し装着します。
インプラント体と骨が結合したところで、型を取って最終的な被せ物を装着します。

4.治療後

定期的にお口の中を検診して、お口の中の状態が悪くならないようにして長く使っていただきます。

ページトップへ戻る

インプラント治療のよくある質問

Q.インプラントは誰でも埋められますか?

A.健康な方であれば埋めることは可能ですが、全身疾患や残っている骨の状態によって埋められないことがありますので、事前に医師にご相談ください。

Q.寿命はどのくらいですか?

A.インプラントを埋めた後のお口の中の状態に、かなり影響されます。そのためはっきりとは言えませんが、メンテナンスをきっちり行えばその分長持ちします。

Q.値段はどのくらいですか?

A.当院ではインプラント体を1本埋めるにつき15万円頂いています。
またインプラント体の上に被せる被せ物が、材料にもよりますが1本5万~10万円です。詳細に関しては院長までお尋ねください。

Q.期間はどのくらいですか?

A.口の中を確認して、噛み合わせなどに問題がない場合でインプラント体を埋め込んでから、約2ヶ月で骨とくっつきます。被せ物が入るまでは約3ヶ月くらいかかりますが、お口の中に問題点がある場合、その部分を改善してからになりますので、もう少し期間がかかります。

ページトップへ戻る