レーザー

レーザー治療とは

現在、歯科で使用されているレーザーにはいくつか種類がありますが、当院で使用しているレーザーは炭酸ガスを用いたレーザーです。
炭酸ガスによるレーザーは遠赤外線に分類され、水に吸収されやすいという特徴があります。水分の多い口腔内では、患部に照射すると患部のみに吸収され、安全かつ効率的に治療を行えます。
レーザー光線の効果は、熱による殺菌作用、細胞内のミトコンドリアに働きかける創傷治癒促進作用、および傷みの軽減作用、そして薬剤を分子レベルで分解し、イオン化させることによる薬剤浸透作用があります。

レーザー治療は歯科医院特有のキーンという不快な音もないので、小さいお子さまでもスムーズに治療が行えます。

レーザーの特徴をいかした治療例

  • 歯肉の中の殺菌と、細胞活性化による歯周病予防
  • 根の治療時、根の先にある病巣内の殺菌
  • 口内炎への消炎効果と傷みの減少
  • 歯を抜いた後の止血と痛みの軽減
  • フッ素のイオン化による歯質の強化・虫歯予防・知覚過敏の軽減
  • 薬剤浸透効果を使った効率のよい、歯のホワイトニング処置
  • 歯肉表層のメラニン色素沈着の除去

ページトップへ戻る